ブルマン日記    記: 大地 耕作






みさらし濾紙撤廃!


← 前の日記に


2019年7月21日(日)・・・今日の選挙

金曜日に行われた「れいわ祭2」は凄い人数だったようだ。

実況中継は途中まで見ていたが、私の制限時間いっぱいの為に残念。

改めて昨日全部見た。

相馬盆唄から始まり、山本太郎のお馴染みの演説で終わった。


先日、期日前投票の事について触れた。

ある意味、私は好意的には触れなかった。

しかし、昨日の久米宏の「ラジオなんですけど」を聞いて、成る程!と思えた。

期日前投票か? 私のように投票日迄のじっくり型か?

この2者選択の問題では無い。

各自の都合で、自分で判断して投票には必ず行くべきだ。


「笑下村塾」ていうものも紹介された。

この松下村塾に対しては、賛否両論あるらしい。

でも、私としてはこれこそ素晴らしいと思えたのだ。

早速、ユーチュウブで松下村塾を探した。

昔、問題提起という言葉が流行ったことが在るが、その今日版と思えたのだ。

必要なのは、各自が自分で考えることだ。


ラジオで久米氏も言っていたが、「こりゃー面白い!」と思ったのは

「止めて欲しい!と思う議員も書ければなぁー」

あくまで主権者は皆だ。 色んな意見が有って良いと思う。

不都合が起きれば、やめれば良い。

現に小選挙区制も消費税だって変なのだ!

とにかく政治は、選挙は・・・祭りだ! まつり事だ!

楽しもう! 賑やかにやろうぜ! 貴方も私も「れいわ新選組」の11人目のメンバーだ。

ドッピンぱらりのプ〜。




2019年7月20日(土)・・・7月21日の選挙2

今日も選挙の話だ。

もう飽きた読者もいようが、それでは駄目なのだ。

明日は台風がどうなろうが、私は投票に行く。

私の心の中では、誰にどのように投票するのかは90%決まっている。

が、100%では無い。


残りの10%の大部分に、やはり消費税の問題が締めている。

凍結か? 延期か? はたまた廃止か?

10月からの10%値上げと、軽減税率の大幅な導入は反対に決まっているが、

この10%に旧民主党も絡んでいる。

だから、其のツジツマを合わせる為か?妥協か知らないが廃止と言い切れない。

これは「政党の為」 「政党への支持者の為」であって

我々「一般庶民の為」などではない。

ツジツマなんか合わなくても、変に政権与党ぶって凍結とか延期とか言わなくても、

「廃止!」とさえ言えば、新しい未来が見えてくる筈だ。

心配しなくても、今回の選挙で野党が政権を取れる訳がない。

逆に言うと、今こそ何にも気がねせずに自由に発言が出来る。

そういう意味では「消費税廃止!」しかない。

消費税の「平成」から、消費税を廃止した「令和」にならなくてはならない。

ドッピンぱらりのプ〜。




2019年7月19日(金)・・・7月21日の選挙

私は投票日当日まで投票しない。

期日前投票は、当日どうしても行けない人には良いことだ。

しかし、私はこの制度を使わない。

使うとしても、ギリギリの最後の最後で、結論を出さなくてはならない。

投票してしまった段階で、その人にとっての参議院選は終わってしまうからだ。


今回の場合は7月3日の公示、21日の投票日。

日々の生活の中で政治のことばかりは考えていない。

「アイスコーヒーは残り何本?」

「この豆を焙煎しなくては?」

「NHKカルチャーで行うアイスティーの予行演習!」

<この事については、来年の為も有って、後日詳しく記しておかねばならない>

公示日から投票日までの数日間が、政治の主権者である自分を見つめられる時なのだ。

特に今回の「れいわ新選組」の戦術は直前まで知らされなかった。

そう言えば、前回の「立憲民主党」もそうだった。

確かに私は「れいわ新選組」の意見に賛同している。

が、山本太郎氏の考えを両手を挙げて賛同しているわけではない。

ひっかかったのが、「公務員の数?」私は「数ではなく質だろう!」と思うし

「奨学金」のことも、「大学に行く、学生一人ひとりの目的?夢?」

「三宅洋平氏のその後?」

これらのことは政見放送や立党精神だけ聞いていては分からない。

実際の立会演説を聞いてから判断する必要がある。

以前はその場に行かなくてはだったが、今やインターネットでも聞ける。

其のための10数日間でもある筈だ。

この期間を大切にしたい。 自分に終止符を打ちたくないのだ。


だけど、何だか今回はそんな個別の問題より、

その基礎の問題を、山本氏を先頭に「れいわ新選組」は提起しているような気がする。

それが彼の「政権奪取構想」で、彼を総理に選びたい。

現に「れいわ新選組」のメンバー「ふなご氏」の当選が見えたとして

既に参議院のバリアフリー工事をしているらしい。

これに続いて木村氏も、更には第3位の山本太郎氏にも当選して欲しい。

必ず何か起こる!

ドッピンぱらりのプ〜。




2019年7月18日(木)・・・フニャフニャの壁

政治のことがよく分からない私は、

数年前の集団的自衛権が強行可決された時、素朴に尋ねたことが在る。

「現憲法解釈を変えればOK!」と言うのだから、「改憲の必要など無いんじゃない」

でも、どうも世の中の動きが、改憲か?護憲か?になっている。

その後、数年間ズート「恥ずかしくって、今更こんな事聞けるか?」って

自分一人で、事有る毎に、それなりに悩んでいた。

お蔭でその過程に「日本会議」という恐ろしい団体の存在も知った。


ところが、安倍は本心では「もう改憲なんてしなくて充分」と言ってたと小耳に挟んだ。

更には昨日、大西つねき氏(れいわ新選組・比例区)の、昨年の講座を聞いたら、

私と同じ疑問が具体的に述べてれていた。

「あっ!」と思い、何度も聞き直した。

彼は確かにそのように言っている。

「現憲法解釈を変えればOK!」と言うのだから、「改憲の必要など無いんじゃない」

これは政治の問題ではなく、日本語として完全に矛盾だ!


私は、括弧付き「狂う」という言葉が嫌いだ。

「狂う」とは、「正常」がある事になるからだ。  

それに類似した言葉として「阿呆」は使う。 先日も使ったばかりだ。

強行採決とは言え、集団的自衛権は数年前に可決されてしまった。

その後の衆院選でも、参院選でも、この阿呆の存在を国民は許してしまった。

三宅洋平氏や立憲民主党は、これらの阿呆がやる政治から生まれ、NON!を叩きつけた。

「日本会議」という超右翼集団と、日経連に操られている阿呆集団。

この40数名の阿呆政治屋に、我々国民は更に操られているようだ。

阿呆の壁は分厚いが、既にフニャフニャになっている。

いつの日か必ず突破出来る筈だ。

ドッピンぱらりのプ〜。




2019年7月16日(火)・・・軽減税率?

10月から消費税が10%になったら、軽減税率が導入される。

私は販売者であると同時に、色んなものでの消費者だ。

当店としては、以前に言ったように税率8%のままにする。

8%というのは、ややっこしいようだが軽減税率に比べると、数段簡単なのだ。

とにかく、納税の義務があるのだから、「税は分かりやすく!」は自明の理。

本当は昔のように 消費税自体が無くなれば良いとさえ思っている。

現に30年前まで、これでやって来たのだ。

そういう意味では「れいわ新選組」の考えに賛同する。

が、現実的に法律になってしまい、全てがそれで動く。

私も消費の段階でも、この決定に支配されてしまう。


しかし、この法律は許せない。

参院選の皆んなの一票で変わり得る。

主権者は国民だ、この事だけの国民投票をしても良いぐらいだ。

確かに今回の参院選で、政権が変わるとは思えない。

が、あくまで消費税を巡って、労働者や中小企業の動向が変化する。

いや現に変化し始めているのだ。

このままで進んで行ってもらっては困る。

ドッピンぱらりのプ〜。




2019年7月15日(月)・・・口から生まれた?

昨年の日記を見てみると、

この時期もう既に、猛暑だったようだ。

アイスコーヒーやアイスティーという言葉がどんどん出てくる。

というのも、今度の水曜のNHKカルチャーでは年一回のアイスティーの講習だ。

「去年はどうだったかなぁー?」から始まった。

一年経ったら本当に忘れてしまう。


さて、今日はアイスコーヒーの
愚痴

このところ新規のお客様が本当に多い。

それはそれで有り難いことなのだが、当店の仕組みも全く分からないので

それはそれで、私も戸惑ってしまう。

「あっ! 紅茶も在る!」 「回すやつも置いてある(ミルの事)!」

「珈琲はどのように作るの?」

この程度の質問なら日常茶飯事で、それなりにお応えするが、


ここからがお笑いだ。

「あっ! 液体になっているアイスコーヒーも在る!」

「1gも2gも在るよ! どちらが安いのですか?」

私の性格も知っている常連なら、
阿呆!で済むが、初めての人にはそうも行かぬ。

「2gの方ですよ。 ちょっと重いけどね」とマジに答える私。

普通、大きい方に決まってる!

反対に1gの方が安かったら、それを2本買った方が良い。

な〜んにも、考えて無いんだなぁー。

いやー、難しい事では無く、幼稚園生にも分かるような単純なことだ。

それも1組ではなく、私が知っているだけでも4組。

恐らくその人は、口から生まれたのだろう!

ドッピンぱらりのプ〜。




2019年7月14日(日)・・・猫ちゃん

久しぶりに外猫の話。

「もも」「律」「空」の3匹ともだいたいは店にいるのだが、これは夜も・・・。

つまり、今や私を抜いて、店の主。

もっとも、時々外にも出る。


ところが、この2〜3日「空」がいない。

「また、出家したのか?これも雄の宿命」と、かあちゃんとも話ていたのだが、

今朝は、普通な顔をして「空」が居る。

「えー! 空君? 何処に行っとったん?」

もっとも、いつ出家しても良いようにと、毎月1回のレボリューションは3日ほど前に済んでいた。


1才以上になると、其々に個性が出てくる。

特に出家した2匹の雄である「律」と「空」は、其々の歴史性を持ってくるのだろう。

「律」は親分肌で面倒見が良い。

「空」は甘えん坊。

「もも」はおてんば娘。

「愛ちゃん」は、今でもお母さんらしく、子供全員とスリスリして毎回連帯のアピール。


人間も「可愛い子には旅をさせろ」なんて言う。

旅とは「旅行」のことではない。

この時の旅とは命をかけたもので、「若い時には苦労を買ってでもしろ!」に近い。

いやー子猫も立派な大人になったなぁー!

ドッピンぱらりのプ〜。




2019年7月13日(土)・・・お盆休み

昨日ははっきり暑く感じた。

これでやっと平年並みなのか!

暑さに便乗して、お客様からも「お盆は?」と聞かれる。

「未だ決定はしてないんですよ」その時にはそう応えたが、決定しなくては・・・。


決定しました。

水曜日が店休日。

つまり、14日と21日は休み。

例年はお盆休みの中に水曜日を加えるのだが、今年はそれは無し。

お盆休みとして16日〜19日迄の4日間。

つまり15日と20日だけが営業。

特に15日のスタンプ3倍日は、通常通りの営業となる。

もう1か月・・・老体に鞭打ってアイスコーヒー、頑張る!

ドッピンぱらりのプ〜。




2019年7月12日(金)・・・参院選

7月の中旬になろうというのに、この寒さはなんなんだ。

それも今朝までらしい。

暑くなることを別に望んではいないが、なにか異変も感じる。


決戦の日は無事終わった。

いやー、やはり結構大変だった。

後は参議院選とお盆に集中となる。


前回は「立憲民主党」のことについて触れた。

その後も、沖縄知事選や県民投票。

素晴らしい結果だったのだが、私としては気になっていたことが在る。

投票率の低さだ。

政治には無関心で「どうでも良いよ」というのが、実は一番力を持っている。

無関心とは今の政策の容認だ。

どうやら安倍もそれを狙っている。

「無関心」は犯罪的なのだ・・・とだけ思っていた。

今でも私のその考えは間違っているとは思っていないし、21日には投票に行く。

この間「れいわ新選組」のメンバーの考え方を聞いているが、そこで思った。

「そうか! 政治にリアリティーを感じていないのか?」

「憲法よりも、今日の晩飯に何を食おうか?」・・・これではいくら憲法を語っても駄目だ。

ここの所を「立憲民主党」を含めた野党は乗り越えられていない。

ある人の考え方を「図式にしてみよう」 別な人の考えを「図式にしてみよう」

つまり、図式的なのだ! 平面的なのだ!

これでは一歩も上に上がれない。

馬を都市に連れてくる! 重度身障者を議員に! 経営者も鉄鎖から解放しよう!

何が起ころうとしているのか? ワクワクする!

そんな立体的な考えが今回の参議院選に現れ始めた。

投票日まで、まだ一週間以上ある。

これを機に、じっくり自分を見つめよう!

ドッピンぱらりのプ〜。




2019年7月11日(木)・・・決戦の日

実は、今日がある意味私にとっては決戦の日だ。

毎年の事だが、年に一回の保育園のバザー。

今年は少なくなった・・・とはいうものの園長の営業努力の為、

昨年より当店の売上金額は増加・・・このことについては先に述べた。


別の所でから予約が入る。

やはり今日。

午前中に保育園が受け取りに来て、昼からにして頂いた。

本当に有り難い事だ。

「れいわ新選組」と共に私も頑張る!

今日はここ迄  ドッピンぱらりのプ〜。




2019年7月9日(火)・・・れいわ新選組

先日から大相撲名古屋場所が始まっている。

私としては結構大相撲が好きな方だ。

どうもチームプレーの野球やサッカーより、個人プレーの方に興味が湧く。

が・・・、今は参議院選の方にその10倍関心がある。

国民の義務?・・・今やそんな物どちらでも良い。

関心なんだ!


山本太郎率いる「れいわ新選組」の動向。

一瞬これは新興宗教なのかとも疑う?

次の瞬間には「新興宗教だったとしたら、それの何が悪い!」とも思う。

所詮、価値観だし、宗教なくして人の幸福は論じられない。

れいわ新選組、良いじゃんか! 面白いじゃんか! 参院はこうで無くてはならない。


一方、吉本の問題が言われている。

私は「反社会的勢力」という言葉に反感を抱く。

そういう意味では、「れいわ新選組」は、まさに反社会的勢力ではないか!

「詐欺集団」「暴力団」と言えば良いものを、反社会的勢力という言葉でレッテルを貼る。

反社会的勢力という限りにおいて「社会的」という物が在るんだろうな?


今や、この参院選で、「社会的」ということの中身が問われているのだ。

戦争や大量殺人、TPP、消費税、少子化、差別、投票率の低さ・・・数えあげればキリがない。

それらを「社会的で正しい」というのか!

「反」とまでも言わないまでも、「亜」とか「疑」とかも含めて、大いに有って良い筈だ。

私が「美味しいと思う」珈琲も、今のメジャー?な物とは違うようだ。(笑い)




2019年7月8日(月)・・・小型焙煎機完治

当店では小型焙煎機になっているものが、やっと治ったようだ。

大きい焙煎機だけで、2ヶ月程苦労した。

大きいと言っても、当店での事であって所詮5kg焙煎機。

火力を調整して2.0kgは数度煎った事がある。

これから暑くなるので、小型焙煎機も活躍するだろう。


メカ的には数日前に治ってる筈だったが、

疑り深い性格で、実際に焙煎してみなくては大丈夫だとは言えない。

先日実際に焙煎してみてOK!となったわけだ。

大地耕作の珈琲日記




2019年7月7日(日)・・・西日本豪雨1周年

今日は七夕だ。

が、この日が近くなると、昨年の「西日本豪雨」を思い出してしまう。

昨日も、土砂崩れの為に亡くなった方のご主人と息子さんが来られた。

「あれから、もう1年ですか? 本当に時間が経つのは早いものですねぇー。」

私達の言葉はこんなものだ。


表もあれば、裏もある人生。

私らの商売は、その半分しかしていない。

でも表も裏もずっと続くものでもなく、短期間に交互にやってくるようだ。

生きている限り、陽こそ大切にしなくてなるまい。

生き抜く力とは、陽の気がしてならないのだ。

それはともかく、今は黙祷!




2019年7月6日(土)・・・幼稚園のバザー

毎年の事だが、幼稚園のバザーに当店の珈琲を販売していただく。

確かに一時は、凄い量で徐々に少なくなっている。

今年などは園長が直々に「少なくてすみません」と3度も来られた。

私は、「時代がそうなのだから仕方無い。 貴方のせいじゃない!」と応えた。

店を持っての営業では、そんな呑気なことは言っておれない。

貴方のせいじゃ無いのだが、そんな事を言っても始まらない。

その中でどういう方針を立てるのか?が問題となる。

が、幼稚園の場合は別だろう。

それでも、その園長は彼女なりの相談に来られた。

「これはどうですか?」・・・いやー本当に素晴らしい。

まさしく経営者だ。

計算してみたら、昨年より逆に15%ぐらい増えてるではないか!

「私のせいじゃない!」と言ってしまえばそうなのだが、問題はそれからなのだ。

しかし同時に、確実に少子化は進んでいることも忘れてはならない。

来年は? 5年後は? ひどいことになっているかも知れないのだ。

少子化とは、国力が落ちていることなのだ。

矢印を下降から、平行線に更には上向きにして、元気というものが出てくる筈だ。

大地耕作の珈琲日記




2019年7月5日(金)・・・アイスコーヒー

さて昨日の続きになる。

私の焙煎度合いは、基本的に「深煎り」と称せられる。

もっとも私個人しては、「深い」とは思っていない。

「これが当たり前!」と思っている。

だから当然アイスにもホットにも出来る筈だ。

NHKカルチャーの生徒さんにも、そのように指導しているつもりだ。


また前置きが長くなってしまったが

生徒さんの1人からこんな事を聞かれた。

「前回焙煎した珈琲をアイスで飲んだらホットでは感じなかっら酸味を感じた」

これが、焙煎後の私の講義の内容だった。

これとは別に、とある人の意見で「何故?アイスコーヒーは焙煎が深いのか?」

それらの質問に私なりの考えを応えた。


温度が低いと酸味を感じてしまう。

温度によって酸が増える訳ではないらしいのだが、

もともとその珈琲豆に有った要素が、

ホットの時には香りの為に誤魔化されていたのかも知れない。

香りが少なくなったアイスでは、どうしても味の方に関心が行く。

香りが少なくなった分、苦味が強くないと味が薄く感じてしまう。


私はマンデリンを使うが、上手くロブスタを使って苦味を強調する人もいる。

アイスコーヒーは確かに香りは少なくなるが、無い訳ではない。

現にギンギンに冷えたビールもワインも確かに匂う。

アイスコーヒーだって口内で温まって鼻の奥側から匂う。

その時にロブスタ臭がしたら、全ておじゃんだ!


マンデリンは日本人が初めて口にした珈琲らしい。

焙煎の度合いも昔っから深かったのだろう。・・・当たり前だ!

そして、この豆は甘い素晴らしい香りがする。

ロブスタに比べると高くついても、私はこれをベースにする。

アイスコーヒーは日本の「高温多湿」が生んだ珈琲だ。

大地耕作の珈琲日記




2019年7月4日(木)・・・ラゴア

昨日のNHKカルチャーは「どの豆を焙煎しようか?」

直前まで悩んだ。

というのも、ここ数日湿気は在るものの本当に涼しいのだ。

今の時期だからアイス? でもアイスコーヒーブレンド?

ホット? 皆んなが焙煎して火照った身体にホット?


結局ブラジルのラゴアを持っていった。

ホットで飲むか?アイスで飲むか?は、皆にも聞いてみて決めよう!

決を取ったら、ホットが一票上回った。

が・・・・、多数決が正しいとは言い切れないとばかり、

焙煎の途中で私の意見の一票と権限で「アイス!」に突如変更。

この時期にこんな事で悩むほど、それほど涼しいのだ。

今朝も当然涼しい。

予報では今日辺りから平年並みの気温に戻るとか?

嬉しいような!悲しいような!


さて、焙煎後の私からの一言。

これが結構面白いのだが、長くなるので明日の日記に回す。

ドッピンぱらりのプ〜。




2019年7月2日(火)・・・天気図

昨日の一時は、湿気も少なく涼しかったが、あくまで一時。

いや、今も涼しいのだが、何時頃までこれが続くのか?

お蔭でアイスコーヒーの出も少なく、久々にゆっくり出来た。

しかし、この気候の変化が逆に心配だ。

中国地方では、昨年の事もあるし・・・・

今年は九州が狙い撃ちの様子だ。

発表される警報が、いっつもレベル4だ。

天気図を観ると線状の雲が・・・・、

これにかかられると大雨が長時間続き、それも瞬間的に始まるようだ。

確実に地球に変化が起こっているようだ。




2019年7月1日(月)・・・ヤマモモのジュース

息子がヤマモモのジュースを大量に作ってくる。

「どのように作るのか?」と聞いたら「手で絞る」と言う。

「種も在るし大変だろう、沸騰させているんだろうな!」

「大変だろう!」で止めとけば良いものを「沸騰させているだろうな!」

つい言ってしまう。 42歳になる息子にだ。

口には出さぬが、心では「分かっとらぁー」と思っている筈だ。

また、そのぐらいの男でなくてはならぬ。

いや、実際のところ大変だと思う。・・・本当に大量なのだ。

私もここのところ毎日飲んでいる。

大変だろうと思いつつ、少し飽きが来ているのも事実だ。


私に出来ること? ミックスだ。

そうさなぁー! 何とミックスしてみるかなぁー?

紅茶? ヤマモモの方が主張が強すぎる。 薄めれば?

色々考えたが、簡単には先ず牛乳だ!

酸とミルクは凝固する筈だ。 どんな感じになるのかなぁー?

やってみた。

おお! いい感じ! 確かに粘度は出るが、粘度のある飲み物って感じ。

さてお味の方は? これも良い。

酸味がおさえられ、まろやかになる。

ここでもフロストシュガーが活躍する。

今度は炭酸水で・・・、何だかやる気が出てきた。

ドッピンぱらりのプ〜。